基本特徴


『楽一』は現在貴社でご利用されているプリンタや複合機との接続ができるようになりました。
ドットプリンタと違い印字が綺麗で早いので、複写ではない伝票の印字に便利です。
1枚の紙に納品書・受領書・請求書の入ったレーザープリンタ用の伝票も印字可能です。
(接続不可能な機種もございます。)

『楽一』から印刷せずにそのまま直接メール送信・FAX送信ができるようになりました。

事務所から工場とを電話回線をつないで『楽一』を利用できます。
集計も統一化できるのでデータをFAX等で送らなくても『楽一』内で一括管理できます。

インターネットの接続に関する設定が出来ていれば
導入したその日から『楽一』でインターネットやメールが出来ます。

各管理帳票をCSV形式に変換できますので貴社のパソコンにて閲覧や加工ができます。

『客先で商品の在庫情報を知りたい』『現場から受注伝票を入力したい』などのご要望にお答えするため、
携帯電話から『楽一』へのアクセスが可能となりました。

伝票と同じく、管理帳票のカスタマイズもできる様になりました。
お客様に合わせて見やすくセッティングできるので今まで以上にご利用できます。
管理帳票のエクセル形式化もできます。プレヴュー機能が付き、画面上で数字を確認できます。
また印字直前の取消も出来るようになりました。レーザープリンタの利用で素早く印字できます。

市販の会計ソフトとのデータ連動が可能となりました。
連動できるソフト、弥生会計、勘定奉行、PCA会計、大蔵大臣

画面照会業務の明細から入力した伝票を呼出せます。
画面照会業務にて間違いを見つけた時、瞬時に画面に伝票表示。
事務のスピードアップが図れます。

JCA手順をサポート。発注でデータを自動変換し、売上システムの受注/売上データ連携できます。
複数の取引先の発注データを処理することができます。

伝票で得意先を選び商品を選ぶとその商品の直近10件の単価の履歴を表示します。
特価の場合も判別可能。数量も表示します。

Comments are closed