パッケージシステム EX

単品商品を組合せてセット商品組みが簡単にできます。部品商品の入出庫処理を自動で行いますので、在庫数も正確に把握できます。商品マスタに3種類の単位を用意し、それぞれ入数とセットで管理できます。

入出庫データは、伝票入力時にリアルタイム更新していますので、現時点の在庫管理が受注(売上)入力時に確認できます。また、倉庫別の在庫管理に対応していますので、在庫場所の明確化と無駄な仕入防止を両立できます。

売上入力時に受注残データ・出荷残データ・発注残データ・入荷データを自動表示します。
リアルタイムで入出荷洩れを防止します。

自社伝票、専用伝票など様々な伝票へのカスタマイズが可能です。
お客様特有の書き方や金額計算に対応できます。

伝票入力データは、直ちに元帳ファイル/各管理ファイルに即時更新しますので、
手間がかかる「日時更新」は不要です。

得意先ごとの与信限度額を登録することで、伝票入力時に売掛残高などが上回った時点で
注意または警告表示することができます。

受注伝票入力時に“発注伝票”を、売上伝票入力時に“仕入伝票”を同時に発行することが可能です。
さらに「直送」の指定もできます。

①受発注同時
受注と同時に商品を仕入先へ発注後、自社へ入荷→仕入後に出荷受注から出荷
(在庫移動あり)

②直送
受注と同時に商品を仕入先へ発注、仕入先から直接得意先へ納品(在庫移動なし)

「商品が自社倉庫にはないが、自社の管理下にある」 、「商品自体は自社にあるが、自社の管理下にはない」在庫の管理ができます。

売上入力時に、運送会社単位で送り状を自動発行します。同時に荷札の発行も可能です。

予算登録をおこない、売上実績と比較することにより達成率や進捗率の確認ができます。
担当者、得意先、商品別に管理できます。

請求業務や支払業務で確定する、残高とは別に、月次毎に確定する得意先仕入先ごとの残高の管理が可能です。自社の決算の際などに、末締以外の得意先・仕入先の残高が必要になるお客様でご利用いただけます。

請求先毎に請求単位/伝票単位/明細単位での消込み設定が可能です。請求に対する入金状況の確認と管理が可能になり、回収漏れ発生を防ぎます。入金入力業務と連動しており、消込み忘れが無いようになってます。未回収データは未消込明細書で確認できます。

画面照会上から、対象伝票を呼び出すことができ、伝票登録時の内容に修正を加えることが可能です。

得意先・仕入先・商品・伝票データのCSVファイルからのデータ取込が行えるので、導入時のデータ移行や新商品のデータ一括登録などに活用できます。また、すべてのマスタ・テーブルデータを設定することで、日常業務の処理と連動し、Excelに書き出すことができるため細かな集計分析が行えます。

発行した伝票を、得意先や商品名、図版、品番など伝票に入力された言葉を条件にして検索できます。
お客様の詳細な品番検索や、当時の単価検索など、様々な面でご利用いただけます。

入力データをもとに、得意先・仕入先商品・担当者別に出力できます。帳票は、推移表、前年対比、順位表。グラフは推移、前年対比、構成比、ABC分析の種類があります。集計は月単位で集計され、印刷条件で、月間、年間の指定ができます。

締日が特定されていない得意先、仕入先の請求支払業務に対応しています。随時請求/支払処理によって不定期の請求/支払業務を行うことができます。(得意先・仕入先毎に設定可能)

拠点ごとにデータを管理することでデータ絞込みや拠点別の集計が可能です。
各部門階層(最大5階層)での集計や管理表の出力が可能です。

Comments are closed